Topics

sheage

Sheage」というWebマガジンに掲載していただきました。
今の仕事に就くまでの経緯やアトリエの様子などを、2回に分けて丁寧に紹介していただいています。
自分自身のことを紹介されるのは少し恥ずかしいですが、素敵な記事にしていただいて光栄です。